小川社のわっ!… 輪、和、環

蜜ロウワックスNEWS

0597-27-3361

営業時間 8:30から17:00
休業日 土、日、祝日

メール問い合わせ

ネットショップ

ホーム>小川社のCSR活動 >第11期、12期寄付先の活動報告 チーム日光の道しるべNO.3--尾鷲木材業者との連携プレーでの支援---(東日本復興支援活動)

小川社のCSR活動

2017/01/27

第11期、12期寄付先の活動報告 チーム日光の道しるべNO.3--尾鷲木材業者との連携プレーでの支援---(東日本復興支援活動)

ブログ03bana.jpg



連携プレーでの支援。

集会所用の木材調達は任せてほしい」チーム日光のブログでそのいきさつを知った、小坂氏と友人の小川耕太郎が、そう申し出た。チーム日光の立ち上げから、義援金や物資の支援はしていたものの、「被災地の現場で汗を流しているチーム日光に申し訳ない、他に協力できることはないか」と案じていたからだ。


20111130tyunichi_news.jpg


尾鷲の知り合いや仕事仲間に呼びかけ、森林組合おわせ、尾鷲木材協同組合、尾鷲ひのきプレカット協同組合、および地元屈指の林業家からの賛同も得て、私(竹村)の所有する樹齢57年生のヒノキ山を伐り出すことになった。10月末に選木し、チェーンソー4台で伐採、クレーン車で林道まで搬出した。その場で必要な長さに切り揃え、トラックで土場へ搬送後、選別したヒノキ丸太82本を日光へ送り出した。

?尾鷲丸太2web.jpg


11月初旬、日光霧峰高原チロリン村で丸太の皮むき作業が始まる。竹ベラを手に子どもから大人まで多くの観光客も皮むきを手伝った。


4.jpg


チーム日光は、小坂氏以外に建築のプロは一人もいない。それでも30人あまりがチェーンソー、鋸、金づち、ノミを用い、小坂氏の墨付けした丸太にコツコツとホゾを刻んでいった。


10542968_548128505319056_8651014345897884706_o.jpg


11月下旬には、南三陸町平成の森キャンプ場で、直径8m、深さ1mの円形状の床穴堀りにとりかかる。アマ岩と呼ばれる粘土質の硬く凝固した地盤を、ツルハシや先のとがったスコップで砕いてはかきあげ、一輪車で運び出すタフで地道な作業が延々と続いた。




?作業1web.jpg


?作業1web.jpg


「心を込めながらみんなの手でつくろう」と重機になるべく頼らず、ほとんどの工程が人の手でこなされた。山降ろしの寒風が吹き付ける日も、地面が凍る日も、積雪にも、作業が止むことはなかった。柱、梁の建込み、屋根張り、壁の下地、土間打ち



?作業3web.jpg


muneage.jpg


・・・こうして年内には建物の構造が整い、2011年1226日に上棟式を迎えた。




?上棟式?web.jpg

a541f933dac9fb117cfda2b9bf3005af.jpg

前日には、仮設住宅の被災者も炊き出しや餅つきの手伝いに加わり、南三陸町のしきたりにならった上棟式が厳かにとり行われた。


▲上棟式の様子が栃木テレビで放送されました。


屋根にのぼった被災者とチーム日光の代表者から紅白の餅やお菓子が威勢よくまかれ、集まった200人ほどの住民にも大きな歓声と笑顔が広がった。
28f07de59d5ff6fd14018dce3578d37b.jpg



年明けには内装の板張り、土間のタタキ施工、窓つけ、囲炉裏の据付け、4月には掘り下げた土や砕石、砂から成型した1300個もの土ブロックを内壁に取り付けていった。



201204_土ブロック.png


201204.jpg


d75cfbcd9442576535cff1d3a3eb28ff.jpg


その後の内装壁を経て、5月23日に落成式を迎えることになった。

837f7b34bbabc45f24b55d92c0097d72.jpga8d6caed5a898a276623fb308ffb3bd8.jpg
レポート:小川耕太郎∞百合子社 竹村裕二

◆災害復興支援

 小川耕太郎∞百合子社ではその地の人と暮らしを支えてきた山や自然に目を向け、支援活動を行っています。2011年-2014年にかけボランティア団体「チーム日光」に支援させていただきました。寄付先の活動内容としてご報告させていただきます。



◆第11期、12期の売り上げの0,3% 11期は台風の災害により毎年支援させて頂いた植林活動の林道が復旧作業にはいったため、11期は売上の0.3%全額、12期は一部を寄付させていただました。毎年計上する寄付金額につきましてはH.Pをごらんください。


◆寄付先:チーム日光 東日本大震災復興支援活動

小川耕太郎∞百合子社では、利益があるなしに関わらず、毎年売り上げの0.3%を山林維持循環を目的とした活動に寄付しています。この度、この取り組みが10年目に入ることから、寄付先の活動をまとめています。このような活動ができるのも、お買い上げいただいた皆様と商売を通してご縁をいただいた皆様のお蔭です。皆様には心より感謝を申し上げます。  有限会社小川耕太郎∞百合子社




◆詳細 東日本大震災復興支援の活動報告ブログ「チーム日光のキセキ」をご覧ください。





ブログ01.jpg



ページの
先頭へ